居酒屋・バー

【大樽】中目黒で飲み会?それなら「大樽」で決まりでしょ!

大樽外観

突然ですが、中目黒と言えば何を思い浮かべますか?

都会的でおしゃれなイメージが強いですが、中目黒と言われたら僕が必ず(勝手に)語り始める店があります。その名も「大樽」

今回は「あなたの知らない大樽の世界」をご紹介します。

大樽とは?

大樽外観
大樽入り口

大樽は中目黒のランドマーク的存在の居酒屋。

その外観から、映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった台湾の九份に似てるとも。

1階は少人数向け、
大樽1階

2階は中〜大人数向けです。
大樽2階

ちなみにランチもやっています。

一杯目は迷わずレモンサワーを!

大樽といえばレモンサワー!お値段なんと、200円

さながら水のようにスルスル飲めちゃいます。

レモンサワー

フードメニューも豊富なのです。
フードメニュー

居酒屋定番の「煮込み」も普通に美味しい。
煮込み

僕の個人的おすすめは「ニンニクの芽炒め」。
ニンニクの芽炒め

この日は追加で頼んでないのに2皿目が来ました。稀によくある。

大樽あるある言いたい

大樽あるある1:「どこの大樽?」ってなる

実は中目黒だけでも3店舗ある大樽。

一番大きいこちらの店舗は目黒川店
大樽外観

高架下沿いにある西口店本店(大樽 樽だこ)はジンギスカンが食べられます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

さとみん(@satomin.1015)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

大樽 樽だこ ジンギスカン!! * * * #ジンギスカン #ラム #羊 #七輪 #大樽 #樽だこ #たるだこ #中目黒 #nakameguro #GenghisKhan #Lamb

(@grv1174)がシェアした投稿 –

ほぼ花見の時期だけ使われている別館も一応あります。

ちなみにお隣の祐天寺にもあり、今年3月には元住吉にも出来ました。

大樽あるある2:店員の99%が外国人

店内を見渡すとすぐに分かりますが、ネパール人など東南アジア系女性しか居ません。

さながらここは中目黒のナイトマーケット。異国情調が漂います。

大樽あるある3:店員の接客がワイルド

たまにお茶目(?)な接客が垣間見えます。

一緒に行ったながれは、注文した焼きうどんを肩に乗せられてました。日常茶飯事です。

そんな大樽がみんな大好き

そんな何でもアリな大樽ですが、みんなから愛されています。僕も大好きです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

遠山 正道(@masatoyama)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

PERCUT 中村顕也(@percut_nakamura)がシェアした投稿

普段の飲み会はもちろん、忘年会にも最適

そんな大樽は2次会利用にもうってつけ!
150席もあるので、大人数での忘年会にも活用出来ますよ。

ただし、クレジットカードは使用不可なのでご注意を!

花見シーズンは特に人気です

駅チカで目黒川の目の前なので、例年お花見のシーズンはお店の前が大混雑。

確実に座りたければ、早めの時間に行くことを心よりおすすめします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(株)総合店舗開発(@tenpoinfo.jp4)がシェアした投稿

「あなたの知らない大樽の世界」、いかがでしたか?

湯婆婆の出そうなこのお店、中目黒に来たらぜひ一度寄ってみてくださいね。

店名大樽 目黒川店
アクセス中目黒駅より徒歩2分
住所東京都目黒区上目黒1-5-15
営業時間11:30~26:00
定休日なし
URL食べログ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
ひのしー
ひのしー
年間400〜500食は外食している某グルメメディアの中の人。 生まれも育ちも中目黒で、在住歴は28年目。 食べ歩いたお店はインスタに載せています。