スイーツ

【鳴門鯛焼本舗】一匹ずつ丁寧に焼く天然鯛焼がウマイ!

鳴門鯛焼本舗

天然とは何だ?

辞書を引こう。

天然:人為が加わっていないこと。自然のままであること。また、そのさま。「天然の良港」⇔人工。

出展元:コトバンク

人の手が加わっていない鯛焼。それってもう鯛焼なのでしょうか?

鯛じゃん。天然の鯛。もぅマヂ無理。。。鯛食べよ。。。

天然鯛焼とは?

鳴門鯛焼本舗の外観

実は天然鯛焼とは、一匹ずつ型に入れて焼く、”一丁焼”という製法で作られた鯛焼のことだそうでして、鳴門鯛焼本舗はこの製法で鯛焼を作っているそう。

焼いた菓子にも天然とか養殖とかのくくりがあるんですね。

奥が深い。

天然鯛焼を食すのだ

鳴門鯛焼本舗のメニュー

鳴門鯛焼本舗では、あんこの鯛焼とイモのアンを使用した鯛焼がベースのメニューです。

期間限定のメニューもあったりして、飽きさせない工夫をしているのが垣間見えます。

今のシーズンは渋皮栗あんの鯛焼があります。

鳴門鯛焼本舗渋皮栗あんの写真

秋の味覚ですねぇ(●´ω`●)

今回はあずきとイモアンの鯛焼を食べてきました。

十勝産あずき・・・180円

鳴門鯛焼本舗十勝産あずき

Oh…。芸術的なフォルム。

みて下さいこの子の肌を。

あんこがはち切れんばかりに入ってるから浮き出ちゃってますよ!!

そう、この鯛焼、たったの180円なのにあんこがぎっしりつまっているのです。

しかもアンコはあの有名な十勝あずき。

甘すぎないその味は誰からも好かれることでしょう。

鳴門鯛焼本舗の鯛焼断面図

そして皮はパリッと、中はしっとりな食感がタマランッ!!

尻尾までアンコがずっしり入った最後まで美味しい一品。ご賞味あれ。

鳴門鯛焼本舗尻尾までアンコがぎっしり

鳴門金時いも・・・200円

鳴門鯛焼本舗鳴門金時いも

こちらも尻尾までイモアンがぎっしりの一品。

イモアンには鳴門金時いもをたっぷり使用していて、まさにイモアンはイモより出でてイモよりオイモな贅沢なお味。

風味がホントにすばらしいので、オイモラバーの方には本当にオススメ。

十勝あずきも鳴門金時いもも超オススメなのでぜひご賞味あれ。

鳴門鯛焼本舗のアクセス・営業時間

店名鳴門鯛焼本舗 中目黒店
アクセス中目黒駅より徒歩3分
住所東京都目黒区上目黒3丁目1ー4
営業時間11時~23時
定休日無し
公式ウェブサイト鳴門鯛焼本舗
決済方法現金
LINE Pay
※クレジットカードは不可

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
ながれ
ながれ
気狂い