カフェ

【ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)】中目黒駅チカなのに落ち着けるコーヒー店

オニバスコーヒーの外観

コーヒー片手に公園でたそがれるのってかっこよくないですか?

ちょうどバイトを辞めて収入が0になったので、「これは良いたそがれ時が来た!」と思い、ONIBUS COFFEEに行ってきました。

オニバスコーヒー 外観

ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)とは

中目黒駅から歩くこと2分。中目黒GT裏の路地を入ったところにあるコーヒースタンドです。

1号店は世田谷区の奥沢にあり、こちらの店舗は2号店だそう。

お店の横にベンチと2階にテーブル席があり、広くはないもののその場でゆっくりコーヒーを味わうことができます。

オニバスコーヒー テラス席

2階からは隣接している公園の桜がよく見えるようなので、花見の時期は特にオススメ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

amo viaggioさん(@amo_viaggio)がシェアした投稿

お店で実際に扱っている豆の販売も行っています。

オニバスコーヒーは豆にとてもこだわっていて、グアテマラやホンジュラスなどの生産地に直接訪問して、買い付けなどを行っているそう。

また、コーヒーと相性抜群の焼き菓子などの販売もしてます。

ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)のメニュー

メニューは非常にシンプルで、値段も都内のコーヒースタンドとしては良心的。

ハンドドリップで選べる豆の種類は5種類もあります。また、夏季限定の水出しコーヒーもあるので好みの一杯を探してみてください。

今日のコーヒー

ただ豆の事は正直さっぱりなので、today’s coffeeを注文。この日はCITY ROASTというオリジナルブレンドを淹れてくれました。

小学3年生みたいな手をしてますが、成人男性(無職)です。

で、コーヒーの味はというと、、、

酸味はちょい強め!だけど飲みやすい爽やかな味でした。

今まで飲んできたコーヒーは苦さとか甘さに意識がいきがちだったので、新鮮な味わいでウマい!!

どうやらこの味の鍵を握っているのは焙煎方法のよう。

ここで扱っているコーヒーは全て浅煎りで、そうすることによって豆独自の香りや味が壊れず、フルーティーで爽やかな味わいになるそう。

確かに納得の爽やかさでした、、、奥深い、、、

これからの暑い季節にもぴったしのONIBUS COFFEE。

コーヒーの苦味が苦手って人もぜひ飲んでみてください!

目の前の公園で一休み

お店の隣にある目黒銀座児童遊園で一休み。

この公園の何が好きかって、”たそがれ”感がたまらないんですよね。

ということで、ここで本日の目的を果たそうと思い

「はぁ…次のアルバイトを探さないとな……」

そう呟きながらコーヒー片手にたそがれてみた結果…

……

………

メガネになってしまいました。

メガネには労働という概念がないので気が楽になりましたね。

メガネになることで社会のストレスから開放された僕ですが、ONIBUS COFFEEは日々の疲れを癒やしてくれる憩いのコーヒースタンドです。

人間としての姿形を保ちつつ、リフレッシュをしたいならぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

僕はメガネの似合いそうな寄生先を探そうと思います。では。

ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)の営業時間・アクセス

店名ONIBUS COFFEE NAKAMEGURO
オニバスコーヒー 中目黒
アクセス東急東横線 中目黒駅 南改札から徒歩2分
住所東京都目黒区上目黒2-14-1
営業時間09:00~18:00
電話番号03-6412-8683
定休日
公式サイトONIBUS COFFEE
SNSInstagram
Facebook

▼中目黒周辺の絶品グルメはこちら!

中目黒の絶品ハンバーガーがまとまっている画像
【グルメバーガー激戦区】中目黒でオススメの絶品ハンバーガー5選!!グルメバーガー系のお店はここ数年で随分増えましたが、実は中目黒もグルメバーガーの激戦区!! 今回は高いだけじゃなく味、ボリュームと...
中目黒のおすすめラーメンたち
【地元民が通う!】中目黒おすすめラーメン5選!【2020年最新版】食べ□グではなく、ナカメディアをクリックしたあなた。 正解でございます。 この記事では、地元の中目黒でラーメンをすすること数...
中目黒のタピオカ店が集まった写真
【2019最新版】地元民がオススメ!中目黒タピオカ専門店5選!タピオカブームは去ったと言われていますが、いまだに中目黒には続々とタピオカ専門店が増えています…! ということで、この記事を見て中...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
リエム
リエム
15歳くらいまで指しゃぶりをしていた無類の指好き