暮らし

【waves nakameguro】ホントは教えたくない超穴場のおしゃれコワーキングスペース

waves nakameguroのかっこいい入口

ジレンマ、葛藤。

いきなりエヴァンゲリオンのタイトルみたいな始まり方してすみません。

というのも、中目黒でめちゃくちゃいいお店を見つけても混んだりするのが嫌で、ナカメディアに載せるのをためらうときがあります。

しかし、中目黒のメディアを運営している以上、良いお店は載せなくてはいけない十字架を背負っているので記事にしました。

今回紹介するwaves nakameguroは駅チカ徒歩1分とは思えない、落ち着いた雰囲気のコワーキングスペース!

この記事では利用方法や設備、お店の雰囲気についてレポートいたします。

「waves nakameguro」ってなに?

waves nakameguroの提灯

waves nakameguroは中目黒駅から徒歩1分の場所にある、好立地のホテル。

ホテル?? コワーキングスペースちゃうやんけ!と拳を振り上げているあなた、落ち着いてその拳を下ろしてください。

waves nakameguroは海外からのお客さんがとても多く、日中は出かけている人が多いため、場所を有効活用するためにコワーキングスペースも始めたそうです。

どんな雰囲気なの?利用方法なども解説

waves nakameguroの入り口 waves nakameguroのかっこいい入口

カラオケと本屋の上へ上がって、おしゃれなロゴが描かれた暖簾をくぐると…

waves nakameguroのエントランス

いかにもな入り口があります。

こちらに入って受付を済ませましょう。

驚愕の料金

waves nakameguro衝撃の料金表

3時間以降、一律900円…?

ひゃぁだあ!やすぅいっ!と思わず声が出てしまうほど安い。立地と利用時間で考えるとこの価格はまじでお得。

ちなみにドロップインでの利用のみとなっています。

サイバー下駄箱

受付が終わったら、招き猫が乗ったサイバー和風下駄箱に靴を入れていざ中へ。

靴を脱げという警告

最高の作業空間が広がっている

waves nakameguroのソファとカウンター

雑居ビルに入ってるとは思えない、いい感じの空間が広がってます。

席はかなりゆったりできそうなソファ席とカウンター席の二刀流。

waves nakameguroのソファとスクリーン

全体的に和モダンな雰囲気。

常におしゃれなBGMが流れていてちょうどよく集中できるような環境です。

ちなみにこの日は平日の朝から晩までいたのですが、僕以外にコワーキングスペースのお客さんは1人もいませんでした。貸し切り状態。

しかし、もちろんホテルですので泊まっている方は何人か見ました。それでも人の出入りはかなり少なめ。

持ち込みも自由だよ

持ち込んだコーヒーとpc

あくまでホテルなので飲食物はありませんが、持ち込みは自由。

目の前にセブンイレブンがあるので、コーヒーでも買ってくればあっという間に自分だけの空間が完成します。

もちろん電源・Wi-Fiもあり

カウンター席の電源 ソファ席の電源

カウンター席に電源があるのもありがたいですが、ソファまでタコ足が伸びてるのも素晴らしいです。

集中スペースまでとは…

waves nakameguroの茶の間

奥へ進むと「茶の間」の看板を発見。

集中スペースの茶の間

机が壁につけられた、集中スペースも完備。

こちらも各席に電源がついています。ホスピタリティがすごい…

土日で利用客が多く、少し周りが気になったときなんかに利用するとよさそう。

「waves nakameguro」の口コミ

「waves nakameguro」のアクセス・営業時間

店名waves nakameguro
アクセス東急東横線 中目黒駅から徒歩1分
住所東京都目黒区上目黒3-7-6 松村第二ビル3F
営業時間11:00~19:00
定休日
電話番号03-6303-4220
公式サイトwaves nakameguro公式サイト
SNSInstagram
Twitter

作業とか関係なく訪れたい空間

waves nakameguroの証明

中目黒のWi-Fi・電源カフェは、どこも混んでるのでwaves nakameguroは本当に穴場。

コワーキングスペースとしての利用以外でも、飾ってあるアートや、インテリア一つ一つがすごく素敵です。

和 × サイバーな雰囲気がたまらない。

waves nakameguroの壁の案内図

ノマドワーカーではなくても、飲み物一つ持って訪れてみてもいい時間が過ごせると思います。それでは。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
ケニー
ケニー
たぶん編集長